2010年3月31日水曜日

任意整理など債務整理の費用は一体どのくらいかかるのでしょう

 任意整理民事再生自己破産など債務整理にかかわる費用は、法律事務所によって異なりますので一概には言えません。

 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所債務整理費用はこちらをご覧ください。

 債務整理のご支援をする場合、こうした大切な情報は債務整理相談の際にきちんとお伝えしておりますのでご安心ください。

 今年も既に三月末になりましたが、インターネットを閲覧すれば、不景気や事件・事故など明るくないニュースが決して少なくないように思います。

 そういった世の中ではありますが、借金問題でお悩みの方が一日でも早く微笑み溢れる生活に戻ることができるよう、私たちは年中無休で債務整理住宅 ローンの「借り換え」・「繰上げ返済」相談のご支援中です。

2010年3月29日月曜日

任意整理を中心とする債務整理で多重債務者の生活立て直しを支援

 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所では、事務所がある地元横浜市緑区や青葉区、町田市を中心として、地域密着で、多重債務でお困りの方(債務者)としっかりとお話をして任意整理債務整理を進めることを大切にしています。

 多重債務者の救済を看板に掲げている司法書士や弁護士は、全国に多数存在しています。

 しかしながら、実際に債務者とお会いせず債務整理をすすめるの専門家がいることを、メディア等を通じて耳にします。

 私たちは、そういった専門家とは一線を画し、債務者のために日々がんばっていきたいと思います。

 任意整理債務整理相談などの法律相談は、体が続く限り土日祝日も営業・年中無休で 受け付けています。

2010年3月26日金曜日

住宅ローンの借り換えといっても、たくさんの種類があって困っている方

 インターネットの普及により、さまざまな金融機関などがセールスしている住宅ローンについて、手軽に情報を得ることができる時代です。

 ですから、便利な時代になったといえる一方、選択肢が多すぎて一体どの住宅ローンが自分にとって都合のよいものであるか判断がつかなくなる場合もあると思います。

 司法書士法人長津田総合法務事務所では、こうしたお悩みを解決するためにお役に立つことができるように、住宅 ローンの「借り換え」や「繰上げ返済」相談を、体が続く限り年中無休でお受けしております。 

 住宅ローンの金額は大きいですし、返済期間も長くなるものですから、住宅ローンの借り換えや繰上げ返済に関心を持っていただくことは、とても大切なことだと思います。

2010年3月24日水曜日

「日弁連指針は独禁法違反と弁護士 債務整理業務で申し立てへ」のニュース

 先日メディアを通じて掲載された以下の記事

●日弁連指針は独禁法違反と弁護士 債務整理業務で申し立てへ
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010032101000620.html
「債務整理を望む依頼者との直接面談を求めた日弁連の指針は、弁護士間の自由競争を阻害し独禁法違反に当たるとして、東京都内の弁護士が、公正取引委員会に排除措置命令を出すよう近く申し立てることが21日、分かった。」 

についてはさまざまな専門家が意見を述べていらっしゃるようですね。

 私たち、司法書士法人長津田総合法務事務所は、事務所設立以来、借金問題でお悩みの方と直接お会いした上で債務整理を進めています。

 債務整理を進める上では、杓子定規に法的な手続きを進めるのではなく、お一人ごとに異なる借金状況と今後への思いをしっかりとうかがうことに努めております。

 そして、お客様の「明日の笑顔」のため に、(身体の続く限り)土日祝日も休まず、年中無休で債務整理業務を行っています。

 当事務所は、東急田園都市線・こど もの国線・JR横浜線 長津田駅から徒歩1分の場所にあり、神奈川県横浜市緑区、青葉区、町田市を中心に、地域密着の事務所を目指していま す。

2010年3月22日月曜日

借金があるため相続放棄をしたい場合の相談

 亡くなった方(例:お父様)に借金があったため、相続人が相続を放棄したいという場合もあります。

 その場合、基本的にはお父様が亡くなられて3ヶ月以内に、家庭裁判所へ相続放棄の申述をしなければなりません。

 この申述が認められた場合、多額の借金を相続しなくてすみます。

 しかしながら、他に財産があった場合、それらの財産も含めて相続できなくなります。

 したがいまして、財産の状況によっては相続を放棄しない方がよい場合もありますね。


 相続や遺言に関するご相談は、司法書士法人長津田総合法務事務所までご連絡ください。

2010年3月19日金曜日

過払い金の取戻し・任意整理・債務整理相談にまつわるトラブル

 電車の吊広告で、過払い金の取戻し・任意整理債務整理について大々的な広告を行っている専門家もいらっしゃいます。

 また、ポスティングにより債務整理相談について広告する場合もありますが、いずれにしても、広告している債務整理の支援内容と現実が異なる場合にはトラブルになる可能性があります。

 例えば、広告内容と異なったり、債務整理報酬が当初聞いていた内容と異なる、あるいは、債務整理の相談をしたものの途中経過について連絡がないなどです。

 このような債務整理にまつわるトラブルがメディアを通じて報道されると、とても残念に思います。


 任意整理の相談を中心とする債務整理相談、わかりやすく言えば「借金問題の整理についての相談」は、司法書士法 人長津田総合法務事務所までお気軽にお問い合わせください。

2010年3月17日水曜日

「過払い金があると思うが、既に借金を返済し終わったので・・・」

 アコム、プロミス、武富士などの消費者金融に対して、長年にわたり借金を返済していた方の場合、過払い金が発生していることが少なくありません。

 こうした過払い金が発生していたにもかかわらず、退職金などにより借金を全額返済してしまった場合はどうなるのでしょうか?

 確約するものではありませんが、完済後でも一定期間内であれば過払い金の取り戻しが可能です。

 できるだけ早く当事務所のような過払い金の取り戻し・任意整理債務整理を支援している司法書士事務所等の専門家にご相談してください。


 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所は、住宅ローンの「借り換え」や「繰り上げ返済」相談過払い金の返還請求、任意整理を中心とする債務整理相談、住宅ローンに関する抵当権の抹消手続などの相談は、身体が続く限り年中無休で受け付けています。

 法律問題を解決するアドバイザーとして、皆様にお役に立てるよう毎日がんばります。

2010年3月15日月曜日

住宅ローンに関する抵当権の抹消手続

 最近は特に、住宅ローンの返済に困っている方が多くなっているという報道が、さまざまなメディアを通じて行われています。

 そういった中で、長年にわたり住宅ローンの返済を行い、ようやく完済する目処がたった方もいらっしゃると思います。

 金融機関等(抵当権者)に住宅ローンの返済は終えたとしても、その登記をしなければ登記簿にはまだ住宅ローンの完済が終わっていないという状態になっています。

 住宅ローンの返済が終わると、通常の場合金融機関等からは必要な書類が渡されますが、ご自身で法務局で登記する必要があります。

 もちろんご自身で登記手続きを全て行うことも可能ではありますが、住民票を取得するような簡単な手続で済むというわけではありません。

 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所は、住宅ローンの「借り換え」や「繰り上げ返済」相談過払い金の返還請求、任意整理を中心とする債務整理相談はもちろんのこと、こういった住宅ローンに関する抵当権の抹消手続についても専門としておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 私たちは、特に神奈川県横浜市緑区、青葉区や東京都町田市を中心とした、地域密着の事務所を目指しておりますので、このエリア及びその近郊にお住まいの方で、法律に関するお悩みや相談したいことがございましたら、ぜひご連絡ください。

2010年3月12日金曜日

無資格による過払い金返還代行にはご注意ください。

 債務整理のご支援をしている認定司法書士のような有資格者ではないのに、過払い金返還業務を代行し、その報酬を得るばかりか、取り戻した過払い金を依頼者に対して当初の約束に反して支払わないようなことがあるようです。


ハゲタカ弁護士「嘆かわしい」 過払い金返還のワナ(「クローズアップ現代」より)
http://www.j-cast.com/tv/2010/03/12062188.html

 お金を貸すための許可がない、いわゆるヤミ金融業者からお金を借りてしまうと後で大変なことになりますが、同じように過払い金の取り戻しを依頼する場合には、有資格者であるかどうか最初にご確認してください。


 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所では、住宅ローンの「借り換え」や「繰り上げ返済」相談過払い金の返還請求、任意整理を中心とする債務整理相談などの法律に関する相談を、体が続く限り年中無休でお受けしております。

 特に、神奈川県横浜市・東京都町田市近郊にお住まいの方で、過払い金返還請求・任意整理・債務整理相談をお考えの方は、当事務所までご連絡ください。

2010年3月10日水曜日

借金返済のために借金を重ねないように:多重債務は避けましょう

 本当に必要なお金なのか、あるいは本当に必要なモノなのかをしっかりと考えずに、気軽に自分の財布がわりのようにキャッシングしている方や、クレジットカードでどんどん買い物をしている方は、近い将来多重債務で大変なことになる危険がありますからお気を付け下さい。

 消費者金融業者から借金をしていなくても、クレジットカードでのキャッシングや買い物も、同様に借金です。

 お店ではクレジットカードを提示すれば、多額の商品も購入できる場合が少なくない時代です。

 したがって、思いがけず多重債務で大変な生活に突入しやすい時代であるともいえますね。

 気付いたときには、リボ払いに変更しても返済できないくらい、複数のリボ払いが積み重なってしまい、債務整理しなければならないことになりえます。


  任意整理の相談を中心とする債務整理相談は、司法書士法人長津田総合法務事務所までお問い合わせください。身体が続く限り、土日祝日も含めて年中無休で債務整理相談を受け付けています。

2010年3月8日月曜日

みなさまにとって身近な「法律家」としてお役に立つことができるように

 普通に暮らしていても、なにかとトラブルに巻き込まれてしまい法律の知識と経験が必要になる場合も増えてきているように思います。

 特に、借金や相続に係る問題、いわゆるお金のトラブルはなかなかお一人では解決しにくいものではないでしょうか。

 しかしながら、法律といえばなんとなく堅くて難しいイメージを持っている方も少なくないかもしれません。

 さらに、借金問題などのお金の問題は他人には知られたくないものですが、例えば役所に相談しようにも、その人が近所の人だったり間接的に知り合いだったりするものですから、秘密にしたい情報が広がってしまう危険性があります。

 ですから、私たちが、皆様にとって

・「法律」を身近に思っていただける存在
・相談内容の秘密(プライバシー)を守ってくれる存在

となることができれば幸いです。


 司法書士法人長津田総合法務事務所では、特に、横浜市緑区、青葉区、町田市を中心に地域密着の事務所を目指しています。神奈川県横浜市・東京都町田市近郊にお住まいの方で、過払い金返還請求・任意整理・債務整理相談をお考えの方は、当事務所までご来所いただきやすいと思います。

2010年3月5日金曜日

住宅ローンの返済を指南するモーゲージプランナー

 ご参考までに、当事務所の認定司法書士兼モーゲージプランナーが、TV番組(ガイアの夜明け)で紹介していただいたことに関する記事です。

マイホームを守れ!住宅ローン返済、不動産競売 10月6日放送レビュー
http://www.gaianoyoake.com/entry2.html
「横浜市の長津田総合法務事務所のモーゲージプランナー高橋欣也さんは住宅ローンの返済に困った人たちを助けている。高橋欣也さんのところにある相談者が駆け込んできたが1300万円のローン返済ができず、税金滞納もあり生活は破綻していた。そこで高橋さんがとった行動が任意売却。」


 住宅ローンの返済に困っている方、借り換えでお悩みの方は、決して少なくないと思います。

 特に、経済不況による住宅ローン返済に困る方の急増現象については、社会問題になりつつあると思われます。

 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所では、住宅ローンの「借り換え」や「繰り上げ返済」相談過払い金の返還請求、任意整理を中心とする債務整理相談などの法律に関する相談を、体が続く限り年中無休でお受けしております。 

2010年3月3日水曜日

「緊急人材育成・就職支援基金」による職業訓練、再就職、生活支援

 厚生労働省のホームページ(下記)
(http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/training/index.html)

に記載されていますが、非正規労働者や長期失業者などの雇用保険を受給できない方などに対して、ハローワークが中心となり、職業訓練、再就職、生活への支援を行っています。

 詳しくは、最寄のハローワークに足を運んでお尋ねいただくのがよいかもしれません。


 こうした経済不況下ですから、思いがけないトラブルが発生して定期的な収入が減少したり、無くなったりした方もいらっしゃると思います。


 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所では、住宅ローンの「借り換え」や「繰り上げ返済」相談過払い金の返還請求、任意整理を中心とする債務整理相談などの法律に関する相談を、体が続く限り年中無休でお受けしております。 

 ご相談いただいた方から喜んでいただけるよう、私たちも日々がんばります。

2010年3月1日月曜日

任意売却で必ず債務整理(借金整理)ができるのでしょうか?

 住宅ローンの返済に困った方が、不動産業者に依頼してご所有の不動産(自宅など)を売却して借金を返済しようとお考えになることは、特別不思議なことではないです。

 しかしながら、この経済不況下では、希望する価格で購入してくれる買い主を見つけるのは、不動産業者といえども簡単なことではないと思います。

 残債務を下回る価格で売買しようとすると、抵当権者(金融機関など)が抵当権の抹消に応じてくれないものです。
※場合によっては、そういった場合でも抹消に応じる抵当権者もいますが。

 住宅ローンの返済に困った方が急増していることについては、大きな社会問題になっています。

 司法書士法人長津田総合法務事務所では、こうした社会問題の解決に少しでもお役に立つことができるよう、住宅ローンの「借り換え」や「繰り上げ返済」相談過払い金の取り戻し・任意整理を中心とする債務整理相談など、法律に関する相談を、体が続く限り年中無休でお受けしております。