2010年5月31日月曜日

「労使間トラブル相談 過去最多」のニュース

 今朝、TVで報道されていましたね。

●労使間トラブル過去最多
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100531/t10014782271000.html

 景気の回復が実感できないと思われる世の中ですから、企業側の業績も決して良くないと想定されますので、雇用情勢も一段と悪化しているかもしれません。


 本来いただけるはずの給料やボー ナスが不払いとなり、結果的に消費者金融業者などから借金を重ねてしまうように、労働問題債務整理は関係がないわけではありません。

 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所は、労働問題についても専門です。

 労働問題でお悩みの方は、ご参考までに事務所の以下のホームページもご覧くだ さい。

 「労働問題のお悩みはありませんか?

2010年5月28日金曜日

裁判手続の相談|二人三脚で力を合わせ一緒に裁判を頑張りましょう

 「裁判」と聞けば、テレビのドラマでも放映される刑事裁判を思い浮かべる場合も少なくないかもしれませんが、お金や労働問題に関する事については民事裁判という裁判手続が必要になってきます。

 例えば、信頼していた友人に多額のお金を貸したものの、返してくれないという場合の裁判です。

  • 裁判所に提出する難しい法律書類の作成
  • 裁判当日の心構え、要注意ポイントのアドバイス

など、皆さんが裁判に関してご心配に思われていることは、すべて当事務所が行います。

 詳しくは、当事務所のホームページ「裁判手続の相談」特集をご覧ください。


 司法書士法人長津田総合法務事務所では、過払い金取り戻し・任意整理を中心とする債務整理相談のみならず、裁判手続など法律に関する相談を、体が続く限り年中無休で受付中です。

2010年5月26日水曜日

「返済猶予申込件数48万件」に関するニュース

 日経新聞のウェブサイトによりますと、東京商工リサーチが、本日5月26日付でデータを発表しています。

返済猶予の申込件数48万件 3月末、民間調べ
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819591E0E4E2E3808DE0E4E2E7E0E2E3E29797E3E2E2E2;at=ALL
「大手銀行や地方銀行、信用金庫など全国395の金融機関で、3月末までに48万3862件の申し込みがあった。」


 今現在、いわゆる「返済猶予法」により住宅ローンの支払いが助かっている方も少なくないと思われます。
 
 司法書士法人長津田総合法務事務所では、住宅 ローンの「借り換え」や「繰り上げ返済」相談過払い金の取り戻し・任意整理を中心とする債務整理相談など、法律に関する相談を、体が続く限り年中無休で受付中です。

 社会問題の一つになっていると思われる住宅ローンの返済問題について、当事務所ではできる限り専門的なご支援をこれまでと同様に継続したいと思っています。

2010年5月24日月曜日

クレジットカードでの買い物のしすぎ・リボ払いにはご注意ください。

 気軽に利用できるクレジットカードでの買い物の返済は、一括払いからリボ払いに簡単に変更できる時代ですが、計画的にリボ払いをしない場合は、将 来的に借金問題を生む危険性があります。

 クレジットカードでの買い物は、基本的に借金ですから、カード で買い物を続けていては、結果的に多重債務で取り返しのつかないことになりえます。

 
  今もしあなたが多額の借金でお困りでしたら、私たち司法書士法人長津田総合法務事務所のような司法書士等へご相談ください。

 過払い金任意整理に関するご相談は、私たち司法書士法人長津田総合法務事務所までお気軽に相談ください。任意整理債務整理を終えるまでまで、できる限り誠意を持ってご支援いたします。

2010年5月21日金曜日

お近くに信頼のできる任意整理・債務整理の専門家がいない場合|神奈川県横浜市、東京都町田市近郊

 神奈川県横浜市や、東京都町田市近郊にお住まいの方で、残念ながらお近くに信頼できる任意整理債務整理の専門家がいらっしゃらない場合は、私たち司法書士法人長津田総合法務事務所にご相談してみてはいかがでしょうか?

 過払い金任意整理債務整理を終えるまでまで、できる限り誠意を持ってご支援しております。

 住宅ローンについてお悩みの方も増えていると思われますが、住宅 ローンの借り換えや繰り上げ返済相談についても 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所の場合は、モーゲージプランナー資格と司法書士資格の両方を保持する専門家などが、住宅 ローンにお困りの方のご支援をしています。

2010年5月19日水曜日

借金返済額の見直し相談

 いわゆるクレ・サラに対して、長年にわたり借金の支払いをしているものの、なかなか借金が減らない方も少なくないと思います。

 実は、法定利息以上を長年にわたりクレ・サラに対して支払っていた方が、世の中ではたくさんいらっしゃいます。

 この過払い金を元本に当てますと、確約するものではありませんが、借金が減ってしまうこともあります。

 過払い金に関する問題でお困りの場合は、お早めに私たち司法書士法人長津田総合法務事務所のような債務整理の専門家へ相談しましょう。


 司法書士法人長津田総合法務事務所では、過払い金取り戻し・任意整理を中心とする債務整理相談など法律に関する相談を、体が続く限り年中無休で受付中です。

 過払い金の取り戻しをあきらめずに、ご一緒に借金問題を解決していきませんか。

2010年5月17日月曜日

住宅ローンの返済猶予相談等データ|三菱東京UFJ銀行の場合

 中小企業向け融資や住宅ローンの返済条件の緩和実績について、本日付で三菱東京UFJ銀行がデータをホームページ上で公開しています。

中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律第7 条第1 項に規定する説明書類について
(http://www.bk.mufg.jp/news/news2010/pdf/news0517.pdf)

 住宅ローンの返済に困っている方は、本当に数多くいらっしゃるということが、こういったデータからも感じることができます。

 「転ばぬ先の杖」という言葉がありますように、現在住宅ローンの返済に困っていない方でも、長期間返済していく住宅ローンの負担を軽減する意味でも、借り 換えは適時検討していくのがよいと思われます。

 
 司法書士法人長津田総合法務事務所では、住宅 ローンの「借り換え」や「繰り上げ返済」相談過払い金の取り戻し・任意整理を中心とする債務整理相談など、法律に関する相談を、体が続く限り年中無休で受付中です。

2010年5月14日金曜日

貸金業法の総量規制に関するニュース

 以下の記事に掲載されているような、改正貸金業法の完全施行により新たな借入ができず困ってしまう可能性が高い方にとっては、当事務所のような債務整理を数多くご支援している司法書士法人等に債務整理相談をできるだけ早くしていただくことをおすすめします。


●改正貸金業法:融資総量規制 「破産しかないのか」 消費者金融、利用者に不安
http://mainichi.jp/life/today/news/20100514ddm002020048000c.html
「借入総額を年収の3分の1以下に制限する『総量規制』などを盛り込んだ改正貸金業法の完全施行を6月に控え、各社とも融資を絞り込んだ結果、2社が最終(当期)赤字を計上。完全施行で経営環境はさらに厳しくなり、今後も新規貸し出しは減るとみられる。規制強化で、ここ数年多重債務者は減ったものの、総量規制で新たな借り入れが難しくなる利用者は、今後の生活維持に不安を募らせており、『破産しかないのか』との声まで出ている。」

 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所では、


について、体が続く限り年中無休で受付中です。

2010年5月12日水曜日

モーゲージプランナー兼司法書士への相談|横浜市・町田市近郊

 モーゲージプランナーは、住宅ローンの「借り換え」や「繰り上げ返済」相談を受け付け専門的な支援をしていますが、 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所の場合は、モーゲージプランナー資格と司法書士資格の両方を保持する専門家が住宅ローンにお困りの方のご支援をしています。

 数ある住宅ローンの専門家、かつ、借金問題でお困りの方の債務整理の専門家として、日々皆様のご支援をしています。


 司法書士法人長津田総合法務事務所では、住宅 ローンの「借り換え」や「繰り上げ返済」相談過払い金の取り戻し・任意整理を中心とする債務整理相談など、法律に関する相談を、体が続く限り年中無休で受付中です。

 住宅に関する借金は、他の借金と比べて高額ですので、お一人で悩まず当事務所のような専門家までお早めにご相談ください。

2010年5月10日月曜日

債務整理に関してよくいただくご質問

 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所では、さまざまな借金状況でお困りの方の債務整理を少なからずご支援しています。

 その中でも、「債務整理に関してよくいただくご質問」を、ご参考までにご覧ください。


 司法書士法人長津田総合法務事務所では、過払い金取り戻し・任意整理を中心とする債務整理相談、住宅ローンの借り換え・繰り上げ返済相談を、体が続く限り年中無休で受付しています。

 債務整理相談をしようと思い立ったときに、ぜひご連絡ください。

2010年5月7日金曜日

遺言状作成の相談

 遺言状として一般に書かれているものは以下の2つです。

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言

 どちらも書き方が決まっており、その通り書かなければ法律上無効な遺言となってしまいますので、失敗が許されません。

 当事務所のホームページ「遺言」コーナーでは、それぞれの長所と短所を記載しています。

 したがいまして、遺言状作成の相談は、当事務所のような司法書士等へご相談ください。

 相続遺言に関するご相談は、司法書士法人長津田総合法務事務所までどうぞご連絡ください。

2010年5月5日水曜日

有限会社を株式会社へ変更する相談

 商法の改正により有限会社を設立することはできなくなりましたが、今現在存在している有限会社そのものを無くさなければならないというわけではありません

 現実には、有限会社から株式会社に変更する事業主も少なからずいらっしゃいますね。

 そのメリットはイメージアップだと思いますが、詳しくは当事務所のホームページ「有限会社特集」をご覧ください。

 有限会社を株式会社へ変更する相談など、会社の起業・経営法務相談は、司法書士法人長津田総合法務事務所までお問い合わせください。

2010年5月3日月曜日

会社の起業・経営法務相談|横浜市・町田市近郊

 会社を起業させる手続きをご自分で行なう方もいらっしゃいますが、私たち司法書士法人長津田総合法務事務所の起業サポートは、ご自分で手続をされる場合以上のメリットがたくさんあります。

 会社設立は、これから新しく事業を開始・独立される大事なスタートラインですから、会社法務(税務)の専門家である司法書士(税理士)を頼ってください。

 また、これまで会社を経営してきたものの、現在の会社運営・法務関係を見直したいという経営者様からのご相談も大歓迎です。

 例えば、有限会社から株式会社への移行も非常に簡単な手続きで可能となります。

 会社の起業・経営法務相談は私たち司法書士法人長津田総合法務事務所までお問い合わせください。

 当事務所の会社の起業・経営法務相談についての特集ホームページもぜひご覧ください。