2010年6月23日水曜日

年収の3分の1を超える借入は不可|改正貸金業法・債務整理ニュース

 先週6月18日(金)に完全施行された改正貸金業法により、貸金業者からの個人の借入総額は、年収の3分の1に制限されました。

 これは「総量規制」と呼ばれています。

 これまで自転車操業状態にあった多重債務の方においては、債務整理を早急にしなければならなくなったり、場合によっては生活が破綻することもありえます。

 ところが、総量規制の導入を知らない方もいらっしゃるように思います。

 そういった方の場合、新規の借り入れが突然できなくなりパニックになることも懸念されるため、ヤミ金やクレジットカード現金化業者に頼ってしまうことがないよう注意しなければなりません。


 司法書士法人長津田総合法務事務所では、過払い金の取り戻し・任意整理相談などの債務整理相談は、身体が続く限り年中無休で受け付けています。

0 件のコメント:

コメントを投稿