2010年11月17日水曜日

危機管理の一環としての相続対策

 広い土地やビルなどの不動産をいくつも所有している方は、世の中に数多くいらっしゃると思いますが、そういった方が亡くなった後、想像もしないような数億単位の相続税が相続人に課せられる場合があります。

 相続税を支払うことができないために、自宅まで差押えになり競売手続きが執行された方もいらっしゃいます。

 決して不安をあおるわけではないのですが、相続対策を怠りますと相続人の人生を大きく狂わせてしまう危険性があります。

 相続対策は、地震保険や火災保険と同様に、危機管理の一環として事前に出来る対策ではないでしょうか。

 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所では、複雑な相続手続きに関する問題を解決するため、体が持つ限り年中無休でフルサポートしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿