2010年12月13日月曜日

「相続税最高税率55%に引き上げ」に関するニュース

 相続税に関する重要なニュースが報道されています。

●相続税最高税率55%に引き上げ、政府税調方針
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101212-OYT1T00091.htm
「政府税制調査会は11日、2011年度税制改正で、相続税の最高税率を現行の50%から55%に引き上げる方針を固めた。」

 いわゆる「富裕層」からの相続税収をアップさせようということのようです。

 相続対策を怠ったために、相続人に対して多額(例:数億円)の相続税が課せられる場合もあります。

 相続人が多額の相続税の支払いができないために、所有不動産等に差押え手続をされてしまい、その後の相続人の人生が大きく狂ってしまう事例もあります。

 相続対策は、危機管理の一環として事前に出来る対策であると思います。

 私たち司法書士法人長津田総合法務事務所では、複雑な相続手続きに関する問題を解決するため、体が持つ限り年中無休で相続相談を受け付けしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿