2013年5月24日金曜日

夏が近づいてきた!



ここ数日、ぐ~んと気温も上がり、「夏が近づいているな」と感じます。
写真のとおり、事務所の入り口も、夏の植物に模様替えしました!
私たち、司法書士法人長津田総合法務事務所では、日々さまざまなご相談をお受けしております。
夏のお花たちも、元気に皆様をお迎えします!!
【債務整理・過払い金請求】
 ・借金が膨らんでしまい、現在の収入では返済できない
 ・収入が減ってしまい、返済が厳しい
 ・多くの消費者金融から借り入れてしまい、自分で状況が把握できなくなっている
 ・以前、金利が高いときに消費者金融から借り入れていたが、既に完済した
 ・「自己破産」「任意整理」「個人再生」って何?

【相続・遺言】
 ・親族が亡くなったが、どのような手続きをとればいいのかわからない
 ・遺産分割協議について、スムーズにすすめたい
 ・相続の対象の方が連絡がとれない
 ・相続放棄について知りたい
 ・遺言を残したい

【離婚】
 ・離婚を決めているが、夫婦の間で決めた内容を公正証書にしたい
 ・離婚したいが、親権や養育費のことで話しがまとまらない
 ・離婚しようと思っているが、この先1人でやっていけるか心配
 ・財産分与を上手にしたい

【会社設立】
 ・会社を立ち上げたいが、必要な手続きは…?
 ・「定款」って何?
 ・法人の経営や税金や決算のことについて相談したい
      (税理士と提携しております)

その他、
 ・アパートの大家さんで改修の為に明け渡したいが出て行ってもらえない
 ・交通事故の対応が納得いかない
 ・不倫していることがわかり、慰謝料請求したい
 ・近隣住民ともめている

 生活していく中でお困りごとができたとき、当事務所の司法書士へご相談ください。

また、グループ会社として
 保険代理店「株式会社ロイヤーズライフアシスト
 不動産   「株式会社ロイヤーズハウジング」  の運営をしております。

・今の保険の契約内容が合っているのか・・・など見直しをしたい
・貯蓄も出来て万が一のときに保険がおりるようなベストな保険を知りたい
・こんなときは保険使えるの?どんな保険の種類があるの?
 などのご相談

・不動産を売りたいが、一度見積もりをしてほしい
・不動産を買おうと思っているが、気に入った物件がなかなか見つからない
・その他不動産に関するご相談

初回ご相談は無料です。
お電話でのご予約は0120-631-052(通話料無料)
年中無休で朝9時から夜21時まで受けしております。

2013年5月16日木曜日

固定金利へ借り換えの相談者急増!

 未曾有の低金利状態が続く中、いずれ金利が高くなる可能性を指摘する経済専門家も多く、一般の消費者も敏感に反応をしている状況になりつつある。

 当グループの株式会社ロイヤーズライフアシストでは、先月22日のブログに記載を致しましたとおり、

住宅金融支援機構の 「フラット35」

固定金利でありながら、1.8%の低金利!


 を取り次いでおります。

 今後の金利の動向を踏まえ、固定金利を選択する方には、最適の住宅ローンです。

 先日も変動金利から固定金利に借り換えをしたい方が、審査を申し込まれました。

 住宅ローンの審査に通った後でも、当グループ専属FPが、住宅ローンに合った生命保険(団信以外)や火災保険の提案いたします。

 大好評を頂いております。お気軽にご相談下さい。なお、相談は無料です。

2013年5月14日火曜日

分室を開設しました

業務拡大に伴い、5月1日より当事務所の隣の建物に「分室」を開設しました。



ミーティングルーム


綺麗な胡蝶蘭をいただきました
 「ミーティングルーム」では、各種セミナーや講習会を開催してまいります。
セミナーや講習会の情報につきましては、当ブログや事務所ホームページ等でお知らせいたします。

事務所開設にあたり、施工していただいた「建佐」様より、素敵な胡蝶蘭をいただきました。ありがとうございます。

更なるサービス向上を目指し、スタッフ一同、日々邁進していく所存です。

2013年5月13日月曜日

イオン相談会が無事終了!

 5月11日(土)~12日(日)に、イオン相模原店にて、

第3回法律・税金無料相談会

 を開催しました。今回も、過去2回と同じく大好評(相談者数 約60名)を頂きました。

 日曜日には、過去に相談をされた方が、今回も相談会を開催をしていることを知り、わざわざ御礼を伝えにお越しになり、相談を受けたスタッフ一同、大変嬉しい場面となりました。

 税理士法人アンサーズ会計事務所様からも、税理士の先生方が参加されたので、相続税の相談もありました。

 好評を頂いている理由の一つに、後日相談の内容と解決方法を記載した書面を郵送している点があります。

 無料で相談も受けられ、さらに解決方法を記載した書面も後日郵送されるサービスを提供し当グループのファンを増やせればと考えております。

 下記は、当日の写真です。










2013年5月10日金曜日

長津田ハッピー通信の創刊

 地域の方々や当グループの顧客の方々向けに、

「長津田ハッピー通信」

 を発行することになりました。より身近な存在として認知をして頂ければ、誠に幸いです。

 今後は、同通信から様々な情報を、提供致したいと思います。是非、購読下さい!!

下記が創刊号の紙面です。
クリックで表示します(PDFファイル)


2013年5月9日木曜日

月刊ベストファームに特集されました!



 士業事務所の経営雑誌である「月刊BEST FIRM」のSPOT LIGHT ~注目の事務所~として、当事務所が掲載をされました。

 新しい司法書士事務所の在り方として、評価を頂いております。大変光栄です。

 これも全てご依頼者目線でサービスを考えてきたからだと思います。

 今までご意見を頂きました方々に対し、厚く御礼を申し上げます。今後も宜しくお願い申し上げます。




  
クリックで表示(PDFファイル)



年間50件の任意売却を扱う秘訣は、「3時間3セット」の面談ステップと、士業外での収益化スキーム、出張無料相談会

―2年前までは、6名ほどの司法書士事務所だったそうですね。それが現在は20名。当初は何を主業務にされていたのでしょうか?
 開業当初に周辺の不動産会社や金融機関を回り、その冷ややかな反応から、登記業務は過当競争なのだとすぐに理解しました。そのため、まず頭の中で「登記は捨てよう」と思ったのです。

―なるほど。登記を捨てるというのは、思い切った決断でしたよね。
 そうですね。ただ、他の人がやっていない分野にいかなければ、伸びないだろうと思っていました。それで、モーゲージプランナーの資格を取りました。当時はまだ、ほとんどこの資格が知られていない頃でした。それがきっかけでテレビ番組の『ガイアの夜明け』から取材をいただいたのです。住宅ローン破綻にスポットを当てた企画でした。

―それがきっかけになった?
 反響は凄まじかったですよ。放映1分後から問い合わせがあって、3カ月間はほかの仕事ができないくらいでした。それから、住宅ローンを扱う件数は、自然と増えていきました。

―なるほど。では集客は、やはりTV出演のステータスを活かして?
 はい。ホームページの他に、ポータルサイトへも現在50~60件ほど掲載してます。その他に、広報誌やバスの車内広告、あとは折り込みなど一通りすべて行っています。

―直接の集客が8割ですか。非常に多いですね。
 そうですね。広告にはそれなりにお金をかけています。

―年間50件もの任売案件を扱うそうですね。なぜ、他の事務所で取れないのに取れるのでしょう。
 そうですね。弊所では「3時間3セット」の無料相談を行なっています。最初の1セットは、まずは当人だけ。だいたいご主人ですが、まずは自分だけ話が聞きたいと来られるんです。2回目は奥様や遠方のご両親とご一緒に来ていただいています。3回目には本格的に提案を始め、選択肢を絞っていく形になります。

―ステップがあるのですね。
 たとえ最終的な結論が自己破産になるにしても、いきなり「自己破産です」と言っては、相手が心を閉ざし、受け入れることができないのです。だから、段階を踏むことが必要なのです。そのことに気付いてからは、受任の精度が上がりましたね。

―これだけやって無料は凄いですね。
 以前に失敗していたのが、「妻に相談してみます」と言って終わってしまうパターン。相談にいらっしゃった時点で理解できても、家に帰ってしまうと家族に正確に説明ができないんですよ。家族全員の認識を同じにしないと、会議になりませんからね。

―債務整理は、どちらかというといかに効率化して事務と面談の時間を短く回していくのかの勝負でした。しかし貴事務所は、それとは全く逆のアプローチで成功させていますね。しかし、生産性の面ではいかがですか?
 そうですね。もうひとつ“ひねり”が必要です。時間をかけることで仕事が発生しても、やはり司法書士業務だけでは採算が合いません。そのために保険の代理店と不動産の仲介業を始めました。これなら必ず、キャッシュポイントが出てきます。

―なるほど。集客面では出張相談会にも工夫されているそうですね。
 はい。一昨年からは地元のショッピングセンターでも始めました。

―今、出張相談会は下火になってきていますが、その中で成果を出しているのはなぜでしょう?
 採算が合わなくて、1、2回で辞めてしまう事務所が多いそうですね。やはり、司法書士業務だけでは採算が合わないのでしょう。

―ここでも、士業外で収益化されているということですね。
 かかる費用は集客も含め、数10万円ですが、その10倍ほどの売上は出ますからね。

―さらに「ひねり」があるとか?
 はい。相談会では少なからず他士業案件が出てきますので、紹介の代わりに集客のところで他事務所に協賛していただこうと思っています。

―なるほど。それはアイデアですね。
(三河/ナレッジ・リンクス)