2016年1月30日土曜日

相模原市内で、相続・遺言の相談会を開催しました!

平成28年1月16日(土)、17日(日)の2日間


相模原市民会館において、相続・遺言・空き家問題等の相談会を開催しました。


当日は、23組の方が個別相談に来場されました!



今回一番多かった相談は、『我が家は遺言を書いた方が良いかしら?』といった内容でした。



遺言さえ書いておけば、相続の争いのリスクは、大半が回避できると思います。


家庭裁判所に相続に関する相談に行く方が、17万件程度となっているようです。


亡くなった方の数で割ると、おおよそ7組に1組が家庭裁判所に相続の相談にいったことになります。


家庭裁判所ではなく、弁護士や司法書士、税理士、行政書士等の士業事務所や、行政機関等に相談に行く方もいることでしょうから、



『非常に多くの方が、いざ相続となると、揉めてしまう』



ことが、データから予想されます。


遺言のことについて、今から早めに相談をすると良いでしょう。



    ▼面談をする税理士富塚先生、司法書士村上&堀内




▼笑顔が好評の司法書士渡辺の楽しい面談風景