2017年11月25日土曜日

「遺言書の作成は、自身が衰えてから」という考えは大きな間違い!!

 遺言書の作成についてどのようにお考えでしょうか?

 「遺言書の作成は、自身が衰えてから」と考えている方々が多く、一般的になってしまっているかもしれませんが、実は大きな間違いなのです。

 「遺言の完成まで間に合わず、両親が亡くなってしまった…」滅多になさそうな事例に思えますが、実は最近、耳にするケースが非常に増えています!

 いざ、作成したいと考えたときに、ご自身の判断能力が衰えていたり、体力が衰えていたりすると、作成出来ない場合や完成まで間に合わない場合がございます。

 遺言書は、60代・70代の元気なうちに作成することを強くお勧め致します。

 作成の方法や、どんな内容を書けるのかなど、気になることがある方は、是非、長津田総合法務事務所へご相談ください。親切・丁寧にご説明させて頂きます。

 ご予約は、
 0120-52-8349
     (子に やさしく)まで!

0 件のコメント:

コメントを投稿