2018年5月26日土曜日

【必見!】高齢者の方が、役所に行かないで印鑑登録をする方法


 高齢者や寝たきりの方が、遺産分割協議書等に押印する際に、
「実印を紛失した!」 「実印の登録をしていない!
と困ってしまうケースが時々見受けられます!

 こうした場合、本来は役所の窓口に足を運び、実印登録をする必要があります。

 しかし、本人が高齢者であったり、健康上の理由により、役所に行けない場合、以下の方法で「実印登録」をすることが可能です。


 知らない方も多いので、今回ブログに紹介しました!

★下記は横浜市の場合です。


❶ 代理の方が
  ・「印鑑登録申請書(横浜市のHPからダウンロード可能)
  ・「委任状」
  上記2点を持って区役所の窓口へ行く(いずれも記入済みのもの)

❷ 区役所から印鑑登録をしたい方(○○ ○○様)の
  自宅へ「照会書」が届く

❸ 印鑑登録をしたい方(○○ ○○様)が
  「照会書」に署名・押印をする

❹ 代理の方が「照会書」を持って区役所へ行く

❺ 「照会書」を区役所へ持参すると印鑑カードが発行され
  るので、その場で、必要枚数分、印鑑証明書を取得して
  下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿